スポンサードリンク

モテ男「佐藤健」に課せられた代償とは?

佐藤健

佐藤健さん、素行でかなりイメージダウンしているようですね。

なんと言っても、その女癖の悪さがイメージとして定着してしまっており、合コンでも「ブスは帰れ!」と発言してしまったり、良い噂は聞きません。

俳優業では映画にはコンスタントに出演しており、演技力にも定評があります。
ただ、あまりプライベートのスキャンダルさがエスカレートすると、今後の俳優生命に影響がでるのではないでしょうか。

「モテ男「佐藤健」に課せられた代償とは?」の続きを読む…

俳優

売れっ子芸能人の刹那的恋愛の末路は哀れ…

芸能人の恋愛事情

芸能人という職業をしていると、いつ何時、過去の見られてはいけない画像が流出することもよくあることです。
現役芸能人の過去の恋愛事情などは、マスコミの格好の餌食になるネタでもあります。

売れっ子芸能人ほど自分の時間が持てなくて恋愛も刹那的になりやすいって、とても分かる気がします。
でも、その火遊びがその後の自分の芸能人としての生命線を絶つことになりかねないといいう点は、頭に置いておくべきですね。

「売れっ子芸能人の刹那的恋愛の末路は哀れ…」の続きを読む…

斉藤由貴の不倫相手は同じマンション住人?また週刊文春に暴露された!

不倫

週刊文春と言えば、不倫騒動を暴露するのが上手いですよね。
情報提供する人もなぜか週刊文春を選ぶ。
50歳であのキレイさですから、不倫疑惑を報道されても仕方ないかも。
昔、前歴もあることですし。

「斉藤由貴の不倫相手は同じマンション住人?また週刊文春に暴露された!」の続きを読む…

女優

24時間テレビのランナー発表は本人に知らされていない?

ランナー

2017年に開催される24時間テレビのチャリティーマラソンランナーは、放送当日に発表されるそうです。

チャリティーマラソンといえば、正式なマラソン走行距離である42.195キロメートルを遥かに超えた距離です。

その果てしない気が遠くなる距離を最後まで走り切った人っているのでしょうか。

私の知る限りでは、ほとんど歩いている印象が強いのですが。

いくら事前にランナー候補のメンバーには、トレーニングメニューが配布されるとしても、かなり無謀な企画ではないでしょうか?

 

今後、この企画が定着するかどうかは、今回の展開いかんによるでしょう。

 

「24時間テレビのランナー発表は本人に知らされていない?」の続きを読む…

チョコボール50周年記念!限定50倍サイズ販売店一覧

20170716_104857

チョコボールは販売されて今年で50周年になることを、最寄りのスーパーで知りました。
7月4日から限定商品の一つとして通常サイズの50倍もあるチョコボールが販売されています。

調べてみるとコンビニでは販売されていないのですね。
私は、横浜にあるフジスーパー 新桜ヶ丘店で購入しました。

せっかくなので写真を撮ってみました。
チョコボール50倍

値段は540円(税込)です。

チョコボール50倍
限定品とはいえ一粒しか入っていないで、このお値段はどうなんでしょう。

チョコボール50倍

とても大きくて硬いので包丁で半分に割らないと食べられないかも…。

どこで買えるのか?

コンビニでは販売されておらず、大手スーパーでも置いていない店舗があるようです。
そこで、どこで販売されているのか調べてみました。

ちなみに通販サイトでは取り扱いがないようです。

イオン

富士シティオ(フジスーパー)

SEIYU

イトーヨーカドー

お菓子のデパートよしや

ライフ

コノミヤ

関西スーパー

限定品なので売り切たらそれで終わりです。
気になっている方はお早めにゲットしましょうね!

眞子さまの婚約者は小室圭|父親はいないのか?

小室圭

皇室でおめでたいニュースが報道されました。
それは秋篠宮家長女の眞子さま(25)が婚約したというもの。
お相手は一般人の小室圭さん(25)。
彼は、眞子さまの婚約者になったことで、一躍時の人になりました。

彼の職業や生い立ち、どこで知り合ったのか…。
その中で気になったのは、家族構成でしょうか。
現在は、実母と祖父と小室さんは3人で暮らしているようで、父親はいないのか…?
そんな疑問が湧いてきました。

そう思っていたところに、スクープネタで定番化しつつある週刊新潮から、小室圭さんの父親のことが報道されることとなりました。

それによると、38歳のときに自宅近くの川で自殺をしていることがわかりました。
死因は体調不良が原因のようですね。
生前、父親が働いていた横浜市役所の元同僚たちは、「とても明るく元気な声が特徴的だった。ただ、自殺前は仕事を休みがちだった」と話しています。

小室圭さんの父親が自殺したことは、これから結婚するときに問題ではないのでしょうか?

結婚したら、眞子さまは小室圭さんの籍に入り一般人となられるので、これが逆でしたら問題かもしれませんが容認されるのかもしれませんね。

婚約する前に当然素行調査は行われているはずですし。

是非ともお幸せになっていただきたいと思います。

「眞子さまの婚約者は小室圭|父親はいないのか?」の続きを読む…

皇室

田中千絵の現在は貴族探偵に出演!誰だか画像検索されまくり?

田中千絵

田中千絵さん、この女優さんの名前を久しぶりに聞きました。

暫く日本を離れて台湾などアジアで活躍されており、この度、連続ドラマ「貴族探偵」に出演することが決まり、日本に戻ってきたようですね。
まさにその活躍の流れが、あの俳優ディーン・フジオカを彷彿させると、女性版ディーンと言われています。

そこで今回は、どんな女優さんなのか調べてみました。

「田中千絵の現在は貴族探偵に出演!誰だか画像検索されまくり?」の続きを読む…

女優

イ・ジュンギの結婚は?月の恋人で役作りのために激やせして体重は-15㎏?

イ・ジュンギ
女性よりも美しい男性としてスターダムにのし上がり、今や世界的スターとして活躍中のイ・ジュンギ。

日本でも月の恋人が大ヒットして、人気のある韓国スターの一人です。
そんなイ・ジュンギの結婚や激やせした理由についてまとめてみました。

「イ・ジュンギの結婚は?月の恋人で役作りのために激やせして体重は-15㎏?」の続きを読む…

俳優

高須クリニックのCMにあのピコ太郎が出演?!ギャラは億単位?

高須クリニックCM

1:2017/02/22(水) 10:54:18.67 ID:

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が、「PPAP」で世界的ブレークしたピコ太郎を起用したCMで、“言い値”で支払うとしているギャランティについて、数百億円程度であれば「なんとかなる」とコメントした。  22日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」では、来週月曜よりオンエア予定という高須クリニックの新CMを紹介。高須院長がピコ太郎と同じ衣装で共演し、ノリの良い楽曲に合わせて踊るという内容だ。  このCMギャラについて高須院長は、1月18日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」に電話出演した際、「何も言ってません。請求されただけ払うから」「(1億円)それくらい払いますよ」と太っ腹な発言をしていた。 (以下略、続きはソースでご確認下さい) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01782450-nksports-ent 日刊スポーツ 2/22(水) 10:50配信

「高須クリニックのCMにあのピコ太郎が出演?!ギャラは億単位?」の続きを読む…

小保方晴子が2017年「婦人公論」で連載スタート?!

小保方晴子

1:2017/02/21(火) 06:42:51.86 ID:

〈ますます人間から遠ざかっているような気がして〉

新たに始まった連載で小保方晴子氏(33)は、STAP騒動直後の塞ぎこむ心境をこう綴った。書くことで“人間”を取り戻そうとしたのか。ところが、論文同様、その不完全な内容に物申す声が上がっているのだ。

***

新連載は「小保方晴子日記」と名付けられ、1月24日号の「婦人公論」に掲載された。

「彼女は2年前から日々の出来事について、日記をつけていました。同誌で昨年、瀬戸内寂聴さんとの対談を行った縁から、編集長が、是非載せたいと直談判したのです」(婦人公論関係者)

すでに2回掲載され、1回目は連載を引き受ける昨年11月の約2週間を描いている。例えば、うつとPTSD(心的外傷後ストレス障害)で治療中という冒頭はこう始まる。

〈今は栄養療法による治療に取り組んでいる。この一カ月で食事もかなり食べられるようになって、一日中寝込むこともなくなった〉

インド料理やマドレーヌを作りながら、連載開始を思い悩む様子が綴られている。2回目は遡って理研退職直後、2014年の大晦日からの日記だ。

〈この部屋にこのままいたら間違いなく死んでしまう(中略)どこかに行かなければいけないと思う〉

殺人犯の逃避行さながら、自宅を飛び出して“潜伏先”の旅館での日々。ところが、いずれも肝心のSTAP細胞についての記述はナシ。当初からSTAP論文に疑義を呈していた医療ガバナンス研究所の上昌広理事長が言う。

「STAP細胞捏造により、日本の医学研究の評価は著しく下がりました。上司だった笹井芳樹教授もお亡くなりになった。にも拘らず、STAPのことには触れず、自身の周りや食べ物の話を書いています。おそらく彼女には、我々には計り知れない自尊心、自己顕示欲があるのでしょう。だから、あの事件を引き起こしたのだと、読んで分かりました」

■空想虚言者

その点、

「自己顕示欲の強さを象徴するシーンがありました」

と、分析するのは精神科医の片田珠美氏。

「連載の中で、彼女はよく声をかけられた場面を描いています。例えば、レストランのウエイターに『元気になってくださいね』と話しかけられたり、旅館の仲居さんからは『あなた綺麗ね。幸せになってね』とも。そうした記述は、常に自分が注目されていたい、しかも、皆に知ってほしいという願望の表れです」

として、こう続ける。

「自己顕示欲が強いと、自分自身を大きく見せるために噓をつく。彼女のような人をスイスの精神科医アントン・デルブリュックは“空想虚言者”と名付けています。“空想虚言者”の特徴は自分がついた嘘を自身が信じ込んでしまい、周りの人を騙していく。おそらく彼女は未だにSTAP細胞を信じているのでしょう。読む限り、食事を美味しいと感じるなど、うつ症状はかなり改善しているものの、自分が被害者だという強い思い込みを感じます」

その姿勢について、ジャーナリストの徳岡孝夫氏はこう“アドバイス”する。

「現代では、“被害者”という肩書を誰でも手に入れることができる。“私はこんな被害を受けた”と声高に叫べばいいのですから。ただ、そういう物言いをするなら、問題の本質を率先して明らかにすべきです」

悲劇のヒロインという肩書を隠れ蓑にしているばかりでは、禊が済んだことにはならないのである。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00517722-shincho-soci
http://amd.c.yimg.jp/amd/20170221-00517722-shincho-000-1-view.jpg

「小保方晴子が2017年「婦人公論」で連載スタート?!」の続きを読む…