スポンサードリンク

NISAとは?他の投資との比較!大損することもありますが銘柄やおススメは~


20140321133838

 

NISAは今、特にシニア世代に注目されている投資方式です。

若い世代で特に女性は知らない人が多いようですが。

非課税なのでとても興味あります。

現在、貯金しても金融機関の利子なんてたかがしれていますもんね。

調べてみました。

スポンサードリンク

NISAとは?

NASAは、2014年1月からスタートしました。

利用対象者は、「日本在住の20才以上の人。」

投資できる期間は2014年から2023年の10年間です。

通常は投資して儲けた資金にも税金がかかりますが、NISAは条件つきで非課税になります。

もともとイギリスが発祥でISAという制度をベースにしています。

(日本なのでNISAにしたそうです。)

イギリスでは、非課税ではないようです。

日本人が貯蓄好きで投資に関心が薄い為に、日本では非課税にして投資に関心を持って貰えるようにしたようです。

2014年1月から毎年100万まで(原則は5年間)、非課税投資額が設定され100万円以内の投資額に対しての配当金が非課税になります。

非課税投資期間ですが、さらに5年間延長することが可能です。

一度、売却してしまうとその口座は利用できないので注意が必要です。

毎年100万なので、前年分の非課税枠は繰越できない決まりになっています。

 

 

他の投資との比較

他の投資は、金額に関わらずに報酬額に応じて税金がかかります。

つまり、税金分が報酬額より差し引かれる計算になります。

(通常は、20.315%の税金がかかります。)

NISAでは、一人一口座しか開設できません。

他の証券会社などにも変更することができないので4年間はずっと同じ口座を利用し、他の口座との株式などと通算することができないのと、NISA口座間での株式の間でも通算はないのです。

期間が限定されているので、少なくても4年間の間に儲けないと確実に損をする仕組みになっています。

大損

気をつけたいのは、非課税の期間にマイナスになったからといい課税期間まで持越してしまうと税金がかかってくるので要注意です。

値下がりしない銘柄を見極めるスキルが求められます。

第三者のアドバイスを鵜呑みにするのもやめましょう。

 

 

銘柄やおススメは

今でしたら、東京オリンピック関連や医療介護、鉄道事業などがねらい目でしょう。

長期投資向けのタイプを狙えば非課税枠を使い切ることもありません。

短期で繰り返し売買取引をすることで非課税枠を使い切ってしまうことになります。

スポンサードリンク

証券会社のおススメ情報を見てもわかるとおりに情報が毎日、コロコロ変わっています。

自分で勉強して投資会社を見極めることができる人のみ、手を出した方が無難かもしれませんね。(koba)

 

 

⇒安部首相「苦しみは皆で分かち合う?」
⇒ニートの日常って?

 

 

インターネットの感想

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す