スポンサードリンク

EXILEのATSUSHI(アツシ)がFacebookを開設?!休養するのに土下座した?!


20140721144535

 

EXILEのアツシさんと言えば、坊主頭にサングラスとピアスという個性的なキャラクターですが、最近いろいろあったみたいですね。

調べてみました。

スポンサードリンク

★Facebook

Facebookでは、坊主頭でないアツシさんに出会えます。

20140721145030

内容はEXILEの事がメインです。

⇒Facebook~EXILE ATUSHI~

 

テレビでEXILEのメンバーを見かけますが、上下列の関係が厳しいのか話を聞いていても気持がいいですね。

 

最近のアツシさんは、坊主頭ではないんですね。

失礼しました。

 

歌のうまいアツシさん、14人メンバーがいても私でも覚えられました。

 

あの人数だと個性的なほうが有利ですね。

 

いつもサングラスをかけていたので気がつきませんでしたが、アツシさんは目がとても優しいですね。

20140721145514

 

サングラスをしていないと別人のようです。

 

アツシさんのプライベートな部分などは書かれていないようで、ちょっと残念です。

 

★休養

少し前に、アツシさん脱退報道が流れました!!

 

EXILEは昨年末にHIROさんがメンバーを脱退して経営サイドに回り、今やメンバーも増員されかなり大所帯になってきています。

 

昇り竜のような勢いに乗っているEXILEですが、アツシさんに何があったのでしょうか…

 

脱退と騒がれたのは、今年の秋のツアーにアツシさんが参加をしないことが原因になっているようです。

 

参加しないのは脱退の為の伏線ではないかとマスコミに大々的に取り上げられてしまい、最近のアツシさんの個人的な活動がそれに火を投じるカタチになったようです。

 

確かにソロでアツシさんは、歌番組やバラエティー番組などに多数出演しており、EXILEと一線を引く感じになっていますが。

 

実際には、どうなんでしょうね。

 

昔、アツシさんって男子ボーカリストオーディションで最終審査まで残ったのに落ちているんですよね。

そのとき最後まで残ったメンバーは、現EXILEメンバーのネスミスやケミストリーなど実力派揃いでしたけど。

 

その後、EXILEのHIROさんと出会い一緒にメンバーとして仕事をすることになる。

 

アツシさんは、ボーカリストですが、EXILEはダンスパフォーマンスの集団です。

ボーカルでメンバーに加わったアツシさんは、他のメンバーと毛色が違う異色なキャラ。

 

しかし、ダンサーだけではEXILEは成り立ちません。

 

才能がありカリスマ性のあるアツシさんみたいなボーカルの存在がないと。

 

私達から見れば一番、光り輝いて見えるボーカルというポジションはEXILEの中では影の黒子の存在なんですね。

 

なんかビックリです。

 

★これから

アツシさんにもボーカルの後輩の育成や、プロデュースに回ったり、ただのプレイヤーからクリエイティブな部分に携わるようになってきています。

 

今年の秋のツアーは体調不良が原因で参加を見合わせるようです。

 

そのために大阪のライブの最終日、ファンの面前で土下座をして話したとか。

 

今年の年末には復帰する予定だそうです。

 

アツシさんにとって、節目なのかもしれませんね。

HIROさんがパフォーマーを退いて経営サイドに回ったように、人生での分岐点に来ているのかもしれません。

 

今後のことを考える意味でもよい充電期間になるのでは、ないでしょうか。

 

どんなに強い人でも、走り続けていたら倒れてしまいます。

 

時には、休むことも大切です。

 

★kobaの独り言

あれだけの大所帯のメンバーがいる中で、HIROさんと同じポジションにボーカルとして立ち続けるのは大変でしょうね。

 

でも、その特別な人に与えられた課題をクリアしていくことで、もっと高みを目指せます。

人間としての器も大きくなります。

スポンサードリンク

逃げずにクリアしていきましょう。

 

みんなアツシさんを応援しています。

 

★インターネットの感想

 

 

 


スポンサードリンク

3件のコメント

  • めぐみ

    EXILEアツシ早く見たい~最近TVで見ないから寂しくて辛いよ~アツシが居ないとEXILEじゃないよ

    • コメント有難うございます。

      そうですね。
      充電してよりパワフルなアツシさんを見たいものです。

    • A procvoative insight! Just what we need!

コメントを残す