小保方晴子が2017年「婦人公論」で連載スタート?!

小保方晴子

1:2017/02/21(火) 06:42:51.86 ID:

〈ますます人間から遠ざかっているような気がして〉

新たに始まった連載で小保方晴子氏(33)は、STAP騒動直後の塞ぎこむ心境をこう綴った。書くことで“人間”を取り戻そうとしたのか。ところが、論文同様、その不完全な内容に物申す声が上がっているのだ。

***

新連載は「小保方晴子日記」と名付けられ、1月24日号の「婦人公論」に掲載された。

「彼女は2年前から日々の出来事について、日記をつけていました。同誌で昨年、瀬戸内寂聴さんとの対談を行った縁から、編集長が、是非載せたいと直談判したのです」(婦人公論関係者)

すでに2回掲載され、1回目は連載を引き受ける昨年11月の約2週間を描いている。例えば、うつとPTSD(心的外傷後ストレス障害)で治療中という冒頭はこう始まる。

〈今は栄養療法による治療に取り組んでいる。この一カ月で食事もかなり食べられるようになって、一日中寝込むこともなくなった〉

インド料理やマドレーヌを作りながら、連載開始を思い悩む様子が綴られている。2回目は遡って理研退職直後、2014年の大晦日からの日記だ。

〈この部屋にこのままいたら間違いなく死んでしまう(中略)どこかに行かなければいけないと思う〉

殺人犯の逃避行さながら、自宅を飛び出して“潜伏先”の旅館での日々。ところが、いずれも肝心のSTAP細胞についての記述はナシ。当初からSTAP論文に疑義を呈していた医療ガバナンス研究所の上昌広理事長が言う。

「STAP細胞捏造により、日本の医学研究の評価は著しく下がりました。上司だった笹井芳樹教授もお亡くなりになった。にも拘らず、STAPのことには触れず、自身の周りや食べ物の話を書いています。おそらく彼女には、我々には計り知れない自尊心、自己顕示欲があるのでしょう。だから、あの事件を引き起こしたのだと、読んで分かりました」

■空想虚言者

その点、

「自己顕示欲の強さを象徴するシーンがありました」

と、分析するのは精神科医の片田珠美氏。

「連載の中で、彼女はよく声をかけられた場面を描いています。例えば、レストランのウエイターに『元気になってくださいね』と話しかけられたり、旅館の仲居さんからは『あなた綺麗ね。幸せになってね』とも。そうした記述は、常に自分が注目されていたい、しかも、皆に知ってほしいという願望の表れです」

として、こう続ける。

「自己顕示欲が強いと、自分自身を大きく見せるために噓をつく。彼女のような人をスイスの精神科医アントン・デルブリュックは“空想虚言者”と名付けています。“空想虚言者”の特徴は自分がついた嘘を自身が信じ込んでしまい、周りの人を騙していく。おそらく彼女は未だにSTAP細胞を信じているのでしょう。読む限り、食事を美味しいと感じるなど、うつ症状はかなり改善しているものの、自分が被害者だという強い思い込みを感じます」

その姿勢について、ジャーナリストの徳岡孝夫氏はこう“アドバイス”する。

「現代では、“被害者”という肩書を誰でも手に入れることができる。“私はこんな被害を受けた”と声高に叫べばいいのですから。ただ、そういう物言いをするなら、問題の本質を率先して明らかにすべきです」

悲劇のヒロインという肩書を隠れ蓑にしているばかりでは、禊が済んだことにはならないのである。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00517722-shincho-soci
http://amd.c.yimg.jp/amd/20170221-00517722-shincho-000-1-view.jpg

「小保方晴子が2017年「婦人公論」で連載スタート?!」の続きを読む…

ベッキーの現在は?激やせはうそ?引退署名運動とは?

 

20160216150829

 

まさかの不倫騒動でベッキーが芸能界を引退まで追い込まれるとは誰が考えたでしょう?
しかも、そこまで追い込まれたベッキーですが川谷音絵さんとの雲行きも怪しくなってしまいました。
私も経験があるので分かりますが激やせするでしょうね。
夜も眠れず、食欲もなく…。
プラス、私の場合はお酒を飲んでいましたが…。
芸能人は槍玉に挙げられてしまうのでダメージも大きなものとなります。
ベッキー…。
大丈夫ですか?

「ベッキーの現在は?激やせはうそ?引退署名運動とは?」の続きを読む…

小保方晴子「あの日」の売れ行きは好調?!読者の感想は?

20160209171431

 

小保方晴子さんの手記「あの日」ですが、様々な反響を呼んでいますね。
電子書籍ランキング1位になるなど、その注目度もかなりのものです。
理研などの関係者からは「印税に心を売ったのか」と怒りの声も…。
小保方さんにとり「あの日」を出版したことはプラスになったのでしょうか?

「小保方晴子「あの日」の売れ行きは好調?!読者の感想は?」の続きを読む…

田代まさしの現在2016年の現在…NHKで清原の件をコメント?!

20160206222326

田代まさし(59)さん、大分、ふっくらとしてきましたね。
以前、薬が原因で逮捕された時には激やせしており誰だか直ぐには分からない容姿でしたから。
過去に4回も逮捕されていますが、ようやく少しずつ自分を取り戻しつつあるようですね。
本当に良かったです。
芸能界は引退したようカタチになっていますが、人に為に役に立つ活動をされているようで。

そんな田代さんの2016年と元プロ野球選手の清原氏に対するコメントなどを紹介させて頂きたいと思います。

「田代まさしの現在2016年の現在…NHKで清原の件をコメント?!」の続きを読む…

東大生田村正資の勉強法とは?クイズの経歴は?

20151122165637

 

頭脳王2015に又、田村正資さんが登場します。

今回も天才と呼ばれる8名が新たな新メンバー4人を加えて頭脳バトルを繰り広げます。
田村さんはそのビジュアルから「東大IQ貴公子」という愛称で呼ばれています。
田村さんは開成高校時代からの出演で今回は2回目の登場になります。

「東大生田村正資の勉強法とは?クイズの経歴は?」の続きを読む…

川崎希の父哲夫はバツ5で「ヒモの神様」?ヒモ夫アレクサンダーも一目置く存在?

20150818115306

 

女の子はお父さんみたいな男性と結婚すると言いますが、川崎希さんもそのようですね。
御主人のアレクサンダーはヒモ夫で有名ですが、実は希さんの父親は、アレクサンダーよりも何枚も上手のヒモ夫だったとは!!

「川崎希の父哲夫はバツ5で「ヒモの神様」?ヒモ夫アレクサンダーも一目置く存在?」の続きを読む…