スポンサードリンク

AsMama(アズママ)ブログ&我孫子ショッピングセンターの評判?!ガイアの夜明けで放送…


20140715062840

アズママってご存知でしょうか?

働く女性をサポートしてくれる頼もしいワンコイン子育て支援サービスです。

調べてみました。

スポンサードリンク

★アズママ

画期的なシステムが登場しましたね。

その名もアズママ

数々のメディアで今、注目されています。

 

現在、登録者は1万人を越えています。


⇒地域子育てサポートネットワーク「アズママ」

 

アズママは、ワンコインで顔見知りやママサポーターが子育てを支援しあうシステムです。

 

ネットを介して顔見知りとつながるので犯罪防止にもなります。

 

つながれる友達がいなくてもサポーターの存在があるので安心です。

 

支援を依頼したい場合にスマホやPCで依頼を出し依頼者は、返信をくれた候補者の中から、依頼したい人に正式に依頼をするシステム。

 

謝礼は500円~700円。(支払方法は、好みの方法で。)

 

近所の子育てママさんやお子さんの同級生などに声をかけてどんどん顔見知りの登録者が増えていくように働きかけて、システムが有効に活かせるようにしていきます。

 

・ワーキングママの場合

予想外の残業、電車などの遅延。

お子さんの病気

習い事の送迎

など

・専業主婦の場合

ママが病気で子供の世話ができないとき

兄弟の学校行事などに参加

子供から開放されて気分を一新したいとき

など

 

女性のライフスタイルに合わせて利用をする事ができます。

★我孫子ショッピングセンター

千葉の我孫子では活動が盛んのようです。


⇒我孫子ショッピングセンターでのイベントの模様

 

イベントも開催されており、そこからママさん同士のネットワークが拡がっていくのでしょうね。

 

★ブログ

アズママ創始者の代表甲田恵子さんのソーシャルベンチャーブログが又、参考になります。

20140715075551

代表 甲田恵子

わずか30人しかいないのにそのスタッフの5人位が常に妊娠状態。

家族に要介護者がいるスタッフも多い中、お子さんの病気や行事があっても気持ちよく休む事ができる職場の環境が素敵だと感じました。

しかし、やはり仕事をする場である以上、成果が出せない人や自分のモチベーションを維持できない人は離脱をしていくとか。

 

女性は男性よりも日本では、いろんな縛りがあり大変です。

結婚すれば、家事はほとんどの場合はフルタイムで働いていても女性の仕事になってきます。

介護や育児、そして今、女性の労働力迄もが国単位で期待されている時代…。

 

そんな状況の中、アズママは少しでも女性の立場が改善されて働きやすくなるとっかかりになると感じています。

 

★評判

まだ、導入されて間もないせいか利用者のコメントや声は少ないです。

⇒実際にアズママを利用されている方のレポート

 

レポートを読むと解るのですが、突発的な事故などが起きた時の為に最大5000万円の損害賠償保険が適用されたり全国で利用できたり、かなり充実した内容なのにワンコイン。

これは画期的です。

もっとアズママの認知度があがり利用者が増えるといいですね。

 

★ガイヤの夜明け

7/15のガイヤの夜明けでアズママは、取り上げられています。

ガイヤの夜明けは、とても勉強になる番組ですけどアズママにも取材が来たようですね。

 

どんな放送内容なんでしょう。

 

日本では結婚や出産を節目で職場を去る女性が多いです。

しかし、経済的な事情もあり専業主婦でいられない現状などがあり働きたいと思っても、子供を預ける施設が充実していない為に働けずにいる女性の為に、少しでも仕事をしやすい環境を提供する働きかけが始まっています。

 

番組では地域の子育てママがワンコインで預け合うサービス、子育てしやすい労働条件で再就職をサポートする取組など子育て中の女性の労働力を支援する取組をドキュメントしています。

 

日本も2020年をめどに人口が減少に向かいプラス高齢者の人数が急増すると言われています。

 

そんな中で外国人労働者を日本に流入させる話が出ていますが、女性の労働力や高齢者の労働力に国が注目しています。

 

でも現実問題、そう言いながら具体的な対策は上がっておらず結局、国民の中から支援サービスが生まれてくる有様。

 

政治家や役所は無駄な事にばかり税金を垂れ流し大切な税金を使い込んだり、本当に必要ないと思ってしまいますね。

 

★kobaの独り言

アズママは、子育て中の男性も利用できます。

スポンサードリンク

保育園などと違い、同じ子供を持つ立場として密接に交流ができるのではないでしょうか。

子供を預けるというより、一緒に子育てしていこうという気持ちになるのでは。

 

もっとアズママ、広まって欲しいです。

 

★インターネットの感想

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す