スポンサードリンク

酒井裕唯のソチでの結果は?ショートトラック大会への意気込み!!


20140218122547

酒井裕唯さんにもソチオリンピックの影響で関心が高まっているようですね~
いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

酒井さんはお姉さんの影響で3歳からスケートにさわり、ショートトラックスピードスケートには小学4年生で出会います。

岡谷東高校に進学後、国際大会の実績を積み始めて早稲田大学4年の時に待望のバンクーバー五輪に始めて出場します。

早稲田大学卒業後は、岐阜県体育協会に所属を変更しながら選手活動を続けています。

《ソチでは結果は》

女子3000メートルリレーで、順位決定戦で2着に入り、5位でしたね。

前回(バンクーバ)での経験を元に「負けて当たり前」という気持ちで、とにかくソチに備えて挑戦してきたようです。

ソチで再度、日の丸を背負うというプレッシャーも周囲の支えで乗り切っているようですね。

怪我で途中で断念したお姉さんのためにも頑張ろうという気持ちが酒井さんを強く支えているようですね。

ショートトラックスピードスケートはとても危険な競技なんですよね。

時速40キロ位で約6人が滑走するのでレース中に接触、転倒もあります。
なので安全防具(手袋、ひざ当て、ひじ当てなど)に不備があると失格になるそうです。

酒井さんは、現在、本戦に向けてコンディションを調整しているようですね。

「調子は悪くないので、1本目から気合を入れて挑みたい。」と話しています。

代表選考会で500m、1000mで優勝して代表に内定しているので、期待したいところです。

スポンサードリンク

一昨季にワールドカップで総合優勝を果たしているので、やってくれるのではないでしょうかね~

《ブログ》
酒井さんのブログ「ユイマンのショートSMILE!」では、酒井さんのつぶやきなどが見れます。
どうやら彼氏がいるようですね!!

この件は調べて後日、又、お知らせします~!!

最近の内容はほとんどが、オリンピックのことがメインですね。

文章の端々に女性らしさが伺えます。

忙しいからか更新はぼちぼちみたいですが。

怪我がとにかく怖いので気をつけて欲しいと思います。
⇒ソチ伊東大貴の団体戦での活躍は?


スポンサードリンク

コメントを残す