スポンサードリンク

西川史子さんの母親(元華族)が心筋梗塞で倒れましたが年齢はいくつなんでしょうか?!


20140424141450

西川史子(43)さんは、医師の顔よりもタレントでの顔のほうが有名になりつつあるような気がしますが、実母が倒れたとか!!

色々、調べてみました。

スポンサードリンク

《華族》

西川さんのお母さんは、元華族の出身です。

名前は令子さん。

 

その独特の家訓はちょっとした噂になっていますが、その家訓に従い西川さんは教育されて今に至ります。

 

その家訓ですが、お金持ちならではの思想が感じられて苦笑してしまいました。

ちょっと掲載させて頂きます。

 

・勉強ができないことは恥ずかしい

・勉強にはお金を惜しむな

・先生にえこひいきされる存在であれ

・使えるコネは何でも利用

・図工&家庭科はプロに依頼

・体育は全力で疾走せずに余力を残す

・集合写真などでは必ずセンターに

・他人の悪口は自宅で外では社交辞令を心がける

 

お母さんは、西川さんを医者にするために幼少期の頃からその教育方針にも独特なものがあったようです。

家訓もそうですが、「世の中はお金とコネ次第」と西川さんに躾の一環として洗脳するかのように話していたようです。

その躾の結果、西川さんは「世の中のことの99.9%はお金で解決できる」という思想の持ち主です。

 

学生時代は、全教科別に家庭教師がいました。

そういえば、テレビで試験で良い点数を取ると、お小遣いの他に万単位でお金をもらっていた話もされていました。

ただ、何故に西川さんのお母さんは、そこまで子供を医者にすることに固執したのでしょうか。

 

それは、お母さんの結婚時代にどうやら原因があるようですね。

 

お母さんは、大学卒業後に研究室で研究を続けていましたが、そのときに結婚をして専業主婦になりました。

それは、24歳の頃の話。

 

結婚してからは、夫には仕事をしていないことでかなり辛辣な言葉を投げかけられたようです。

 

その経験が子供を医者にするという発想に結びついんたんですね。

 

確かに医者になれば食べるのには困りませんし、サラリーマンよりもかなりの収入を手にすることも可能です。

開業したら、もう片手うちわですね。

 

私も半世紀生きてきて、同感です。

別にお金持ちではないですが、お金がないと愛も崩壊します。

これは、実体験です。

 

ただ、あまりにも偏った教育のために勉強と仕事以外は何もできない女性に。

気がつくと料理も掃除もしたことなくて、いきなり結婚となれば、お手伝いさんを雇わない限り無理がくるのは目に見えています。

皆さんが御存知のように離婚になりますが、西川さん自身が本当の意味での結婚を望んでいたとは思いにくいですね。

 

多分、誰と一緒になってもその生き方の価値観にズレが生じると思います。

 

つまり、上手くいかないということ。

 

離婚後は、医者という肩書きで無担保で1億円を借りることができ、マンションを購入。

 

こういう事があると、西川さんは「母の教えは間違っていなかった。」という結論に行きついてしまうのでしょう。

ただ人間は、バランスが必要です。

 

あまりにも偏った思想は、やはりどこかでひずみを呼ぶものです。

《心筋梗塞》

お母さんは、現在、心筋梗塞で緊急入院をされているようです。(ICUで治療中)

毎週日曜日の朝10時から放送されている「サンデージャポン」にレギュラー出演されている西川さんは、お母さんが倒れたことを涙声で告白。

生放送なので、さすがのMCの爆笑問題もどうコメントしていいか戸惑いを見せていました。

爆笑問題の田中さんは心配なら帰るように話し、太田さんは、急に深刻な発言をされてもとリアルに驚いていました。

スポンサードリンク

大事に至らないといいのですが。

 

《年齢》

お母さんの令子さんの年齢は、どこにも掲載されていないようでした。

 

又、退院されたら情報が増えると思うので解り次第、補記したいと思います。

 

 

《kobaの独り言》

幼少期の教育や生活環境は、成人してからも多大な影響を与えるもんですね。

 

DVなどは、幼少期の家庭環境が原因だったりしますし。

 

勿論、改善できる部分もあるでしょうが。

 

私も実の両親にはトラウマがありまして、未だにそれを引きずって生きております。
⇒西川史子の離婚の原因は?!

《インターネットの感想》


スポンサードリンク

コメントを残す