スポンサードリンク

華原朋美が劣化している!「僕らの音楽」に出演したときの彼女の顔が?父はフィリピンから応援!!


20140430224551

 

華原朋美(39)さんですが、いまいちパットしませんね。

最近の状況を調べてみました。

スポンサードリンク

《劣化》

華原さんを劣化で結構、検索されている人が多いですが、よく調べてみると「目が怖い」という感想が多いです。

 

加齢によるものか目の下と頬のたるみが凄いという声もありますが。

復帰したものの昔のように男性と薬物依存を繰り返すのではないかと業界では危ぶまれる声もあります。

 

劣化している顔が休業をする直前の面立ちに似てきているとか。

 

リリースされた初のカバーアルバム「MEMORIES-Kahara Covers」ですが、アルバムの作品の中には元恋人である小室哲哉さんと、その妻KEIKOさんの曲も使われており華原さんの精神面が危惧されています。

 

復帰後も少しでも注意を受けるとその相手も絶縁したり奇行が目立つようです。

そういう行動を重ねることで自ら周囲との距離を取ってしまうことに周囲も色めきだっているようです。

 

復帰シングルはオリコンで13位、セルフカバーアルバムも15位と今ひとつふるいませんでした。

《フィリピンの父》

ジャンキーが発覚して挙句の果てに閉鎖病院に強制入院。

華原さんは退院後、お父さんの在住しているフィリピンに渡りNPO法人のボランティア活動に参加。フィリピンの孤児院で子供の世話などに従事していました。

 

華原さんのお父さん(下河原 金道)は、年商30億円の(株)京江シャーリングの役員に就任されています。

その他、フィリピンで不動産経営をされています。

 

他に兄弟が3人いますが、お母さんも含めて全員が実業家として活躍しています。

 

凄い家族ですね。

全員が実業家ですよ。

 

ともあれ、華原さんはフィリピンでのボランティア活動を通じて「人の役に立てないか?」と考えるようになり、自分には歌しかないと自覚して歌手として復帰を考えるようになりました。

 

日本に帰国後は、お兄さんの経営する老人ホームで介護の仕事に就きながら歌を披露。

 

歌手として再起するためにボイストレーニングを行い、ジムに通い体重も12㎏減量して42㎏まで落としました。

 

芸能界を辞める直前、スケジュールを何度もドタキャンして迷惑をかけてしまった元所属事務所の社長にも謝罪をして再度、芸能界で活動ができるように準備を整えました。

 

華原さんは自ら、「お父さんとフィリピンで生活した1年間は宝物になった」と話しています。

そのための環境を母を始め兄弟が作ってくれたことに感謝していると。

自分がボロボロになったときに家族は唯々、優しい愛情で包み込んでくれた事がとても嬉しくて頭が下がる思いだと話しています。

 

そんな環境で復帰に向けて頑張っている華原さんですが正直、抜けきれないというか、イマイチです。

 

芸能界は、「生き馬の目を抜く」ところだそうです。

 

華原さんは成功もしましたが、それ以上にマイナス要因が芸能界では大きかったと感じます。

 

何も芸能界に固執しなくてもいいと思うのですが。

 

ちょっと、芸能界で生きていくには繊細すぎるかなと感じます。

 

《kobaの独り言》

華原さんは警察でもジャンキーで有名です。

私は、事情があり警察の薬物などや犯罪を扱う部署の課長と話すことがありましたが、薬物と言っただけで華原さんの名前を出されて、それほどね…と思いました。

 

薬物も色々ありますが、打つと絶対に元には戻れないそうですよ。

 

又、やるそうです。

 

依存性が恐ろしく高いそうです。

スポンサードリンク

「薬物やめますか?それとも人間やめますか?」の世界だとか。

 

怖い怖い…

⇒浜崎あゆみ激太り?!劣化も凄い!!
⇒風間トオルの劣化がすごい?!

《インターネットの感想》

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す