スポンサードリンク

花粉症症状「のど痒い&たん&咳&つまる&イガイガ&鼻水&渇き」などに効く薬って?!


20140322120358

 

花粉の季節到来ですが、皆さんは大丈夫ですか?

多分、そこのあなたは花粉症ですよね?!

ここにいるということは…

原因と対策について調べてみました。

スポンサードリンク

《花粉症の症状》

スギ花粉が有名ですが、季節でいいますと2月~5月の時期ですね。

花粉症の症状というと喉の不快感で辛い思いをされる方が多いと思いますが、かゆみなどの不快感から空咳をするために喉の奥は炎症で充血している状態です。

うがい薬などで喉の痛みは治まっても、かゆみなどは中々取り去ることができない。

 

このかゆみは、不眠症になるくらいの辛さです。

病名的には「アレルギー性咽喉頭炎」「のどアレルギー」などと言われています。

のどだけでなく鼻水なども伴うことが多いので、風邪と区別がつかないことが多いですが、花粉症の場合は大きなくしゃみがでます。

 

くしゃみが治まらないときは花粉症を疑ったほうがいいでしょう。

 

《予防》

予防としては、花粉の時期の前に耳鼻咽喉科に行き、薬を処方してもらう。

アレルギー反応などのテストをして花粉アレルギーがあるなら、それが得策ではあります。

ただ、薬は眠くなったりするのでできれば服用はしたくないのが本音です。

 

《対策》

体質改善をして免疫をアップして花粉症にならない身体づくりをすることが大切です。

シソなども花粉症には効果があると言われています。

偏った食生活は免疫機能障害を起こす原因になります。

トランス脂肪酸などは多量に摂取すると免疫機能を司るホルモンバランスが崩れると言われています。

マーガリン、ビスケット、ファーストフード、揚げ物は要注意です。

 

栄養素で言うと、ビタミンACEが必要な栄養素です。

サプリメントなどで補うのもひとつの方法だと思います。

 

 

最近は、花粉症対策のメガネもマスクだけでなくドラッグストアなどで販売されています。

これらで花粉からガードするのも効果があります。

外出から戻ったら全身を服ブラシなどで軽く撫でて花粉を落としたり、外出前に花粉ブロックのスプレーを使用したりする。

 

うがい手洗いは基本的なことですが。

 

布団類も布団乾燥機を利用するなどして外には干さないようにしたほうがいいです。

花粉がつきますから。

 

最近は、すのこベッドなど室内で布団を干すことができる寝具も販売されていますね。

あれは、湿気も予防できていいですよ。おススメです。

値段につられて余り安いものよりも、しっかりした作りのものを選ぶことがポイントです。

スポンサードリンク

花粉情報をチェックするとよいですよ。

花粉の多い日は、しっかりガードして外出するなど日頃の対策が大切です。

 

《治療薬》

・点鼻薬、点眼薬などを使用

これは主に予防として使用されています。

副作用としては、だるさや胃腸障害など。

 

・抗ヒスタミン、ステロイド

発症中に服用したり注射したりします。

副作用がありとても眠くなります。

 

・減感作療法

皮下注射

治療には約3年以上かかる。

副作用は注射の場所の赤み腫れ、血圧低下など。

根気のいる治療になります。

 

市販のものもありますが、病院での薬よりも効果は薄いでしょう。

その分、副作用も少ないです。

 

《Kobaの独り言》

やはり花粉症もそうですが、免疫力を低下させないことが大切なようですね。

追って、又、いろいろ調べていきたいと思っています。

 

《インターネットの感想》

 

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す