スポンサードリンク

肉好きな寺門ジモンの焼き肉へのこだわりと常連めしDVDや動画の人気


ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんですが、お笑いタレントだけでなく肉への飽くなきこだわりで注目されている方ですね。

最近のジモンさんの動向を含めて調べてみました。

スポンサードリンク

焼き肉へのこだわり

肉には勿論、詳しいのですが特に牛肉には熱い思いを持っているようで年間に150万円も焼き肉に使っており、時には焼き肉のはしごもするそうです。

焼き肉の美味しい店があればどこにでも出かけていくとジモンさんが話しています。

肉のセリに参加できる家畜商の資格も持っており過去に牝牛1頭を195万円で落札したこともあります。

そんなジモンさんですが、一緒に食事に行くと隣でうんちくがうるさいらしいです。

これは、ちょっと辛いですね。

せめてお店に入る前にして欲しい。

ジモンさんとお店に行ったら大変そう。

隣で話されていたら食べた気がしませんよね。

いくら出された料理が美味しくても。

そのせいか、ダチョウクラブのメンバー3人で会うことはまずないそうです。

常連めし奇跡の裏メニュー

肉好きのグルメファンにも人気のあった「寺門ジモンの常連めし~奇跡の裏メニュー~」は、2012年から2014年に放送された番組でジモンさんは、MCを務められています。

 

この番組ではメニューには掲載されていない通いつめた常連さんしか食べれない裏メニューを「常連めし」として紹介する番組で、3回通うと注文できるお店から裏メニューが初めてでも注文できる場合、常連客の紹介がないと入店できないなど、その時々によりバラつきがありますが、お店に行くまでのディレクターとの掛け合いが面白くて好きでした。

すぐにそのお店に行くのではなく、行くまでのジモンさんのうんちくが楽しかった。

DVDにも収録されており、肉が食べたくなると見返したりしています。

普段、牛サーロインなんて、なかなか食べられないですから。

普通のグルメ番組も面白いですが、裏メニューというのに凄く惹かれました。

知らなければ頼めないわけですから。(決して、店主は教えてくれない。)

裏メニューには、賄い料理が発端になっているものが多いですが、美味しいんですよ。これが。

 

表メニューに負けないくらい。

そういう料理を引き出せるって凄いですよね。

私なんかは、せいぜい、何回か通い店主の機嫌が良いときにぶつかったときに、「これ食べてみ!!」ということはありましたが。

裏メニューというよりもおつまみ系止まりですね。

現在、TSUTAYAでもレンタル中です。

スポンサードリンク

私が知っているだけで5巻まであります。

よかったら手に取ってみてくださいね。

 

 

最近

グルメと関係ないですが、「抱きしめたい―真実の物語―」という映画に出演されています。

2014年2月1日から公開しています。

実話に基づく純愛物語とのことです。

また、こちらのことも書かせていただきたいと思っていますので。

よろしくお願いします。

 

インターネットでの感想

 

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す