スポンサードリンク

羽生結弦の「ソチ五輪」海外の反応ってどうなのでしょうか?


20140214131956

羽生結弦君のソチでの海外の反応に関心が集まっているようですね~
詳しく調べてみました!!

スポンサードリンク

《ソチ五輪》
2/13にフィギュアスケート男子のショートプログラムが行われました。
羽生君は、男子ショートプログラム史上最高の101.45を獲得して首位に立ちました。

国際スケート連盟公認の大会で100点を超えたのは史上初めてとのことです!!(素晴らしい~)

なんとこのときの平均視聴率ですが関東地区で11.9%、関西地区で12.9%でした。

瞬間視聴率は午前2時48分で関東地区13.4%、関西地区で15.3%。

羽生君はこの演技に関して「足が震えていました」と緊張していたことを公表しており、「自分の演技には程遠いが、やることはやりました。

日本人としてのこの記録を誇らしく感じたい。」と納得のいく演技だったことを伺わせています。

まだ、15日に行われるフリーがありますからね。

しっかり、身体を休めて又、良い演技をしてもらいたいですね。

パトリック・チャンが最有力のメダル候補ですが、ショートプログラムでもチャンを抑えて羽生君がトップに立っています。

これでフリーで羽生君の4回転ジャンプが決まると初出場ながら金メダルの可能性がでてきます。

余談ですが、羽生君がショートプログラムで使用している曲「パリの散歩道」が現在、注目を浴びています。

この曲は1978年作のアルバム「パック・オン・ザ・ストリーツ」に収録されており、ムーアの”泣きのギター”と言われるテクニックがメロディアスな曲にマッチしています。

羽生君はこの曲をショートプログラムで使用するようになってから才能が開花したと言われており、ラッキーな曲とされています。

フィギュアスケートには楽曲はつきものですが、演技を高めるための重要な要素を秘めています。

羽生君がフリーで使用している「ロミオとジュリエット」も素敵ですが、是非とも「パリの散歩道」でメダルを獲得して欲しいですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す