スポンサードリンク

杏が東出昌大との子供を妊娠!一卵性双子だと出産後の復帰が長引くのでは…


20160326182726

 

既におしどり夫婦として定評がある杏さんと東出昌大さん。
杏さんの良妻ぶりもチラホラ耳に入ってきますが、その美男美女ぶりから近所でもかなり注目されているようですね。
お二人とも長身なので、それだけでも目立つでしょうけど。
犬が好きで愛犬がいるので二人で犬の散歩をしている所をよく目撃されているようです。

そんなお二人に赤ちゃんができたようで。
何ともおめでたい限りですが、双子という噂もあり杏さんの体調が心配です。

スポンサードリンク

★暖かい家庭

杏さんと言えば、実父は俳優の渡辺謙さんです。

現在、渡辺さんは女優の南果歩さんと再婚されていますが、杏は渡辺さんの最初の奥さんとの間に生まれました。

離婚もかなり泥沼化して大変だったようで。

離婚後は実母との生活を選んだ杏さんですが、かなり生活面でも苦労されたみたいですしね。

そういう意味では、家庭的には苦労をされて育ったと言えるのではないでしょうか。

 

一般家庭でも何かしら問題があり家庭円満で両親がラブラブなんて少ないのかもしれませんが、両親が離婚することで子供としては親に対して考えることもあるでしょう。

離婚して親同士が幸せになってくれるなら子供としては、そのほうが良いと思う部分もありますが。

杏さんは自分の過ごした家庭の影響もあったのか、結婚したら暖かい家庭を築きたいと思っていたようです。

杏さんが渡辺さんとの親子の関係を修復できたのも東出さんの影響が強く杏さんが東出さんを如何に信頼しているかが伝わってくるようです。

近所では、新婚だということで何かと注目されているようですが。

二人の住まいから聞こえてくる東出さんの声がラブラブ中の声ではないかとも…?!。
しかし、どうやら東出さんが剣道の練習をしている声のようですけど(笑)

窓を開けているとはいえ、外にも声が聞こえるほどの声量でトレーニングをしているなんて気合が入っているんですね。

室内で剣道ができる天井の高さってどれくらいなのか?
私も、ちょと好奇心が湧いてしまいました。

何と言っても東出さんは、189㎝ですからね。
それで竹刀を持ってトレーニング。
メゾネットタイプなので天井も高いのでしょうか。

好感度が良いので得ですね。
普通なら苦情になりかねない気合の入った声も問題視されることもないようです。

★妊娠

杏さんの妊娠は年明けに報道されていますね。

双子だということも分かっており出産予定日は今年の夏だとか。
既に仕事はセーブしているようです。(現在は、表紙モデルのみ。)

杏さんの仕事の復帰は映画「オケ老人!」(今秋公開予定)に合わせてだとか。
この映画で杏さんは初の主演を演じています。

素人の老人がメインのオーケストラが繰り広げる音楽ドラマのようです。

しかし、夏に出産して数か月後の秋に復帰…

双子だと出産でもかなり身体に負担がかかるはずです。
しかも、初産ですからね。

出産してからも同時に2人の子供を育てなくてはいけません。
芸能人なのでお手伝いさんなどのお世話になるのかもしれませんが。

ちょっと、大変ですね。

★双子の不思議

不妊症治療の副作用で双子が生まれる確率は多いと言われていますが、自然妊娠で双子が生まれる確率はどれくらいなのでしょう。

一卵性が生まれる確率は0.3~0.5%
二卵性ですと確率が日本の場合は、0.2~0.3%とされています。

日本では不妊治療により二卵性が増えているとか。

比較的、女性の妊娠年齢が上がると多胎になりやすく35~39歳が最も多いと分かっています。

これには、初産よりも経産のほうが多胎になる確率が高くなることもあるとか。

女性の体型的には長身、体重が多いタイプに多胎を身籠る確率が高く遺伝要素もそこに加わるようです。

面白いのは狩猟民族だと出産回数を少なくして多胎で子孫を増やす傾向があり、農耕民族は定住して生活するため何度も出産をして1回に於ける出産のリスクを減らす傾向があるとか。

生活スタイルにより出産の傾向も違うのが興味深い点ですが。

多胎になるととにかく分娩時のリスクや臨月に至るまでも母体にかかる負担が大きいので杏さんにも無理せずに予定日まで持ち越して頂ければと思います。

★名前

杏さんにはお子さんが生まれた付けたいと思っていた名前があるとか。

その名前は鼎(かなえ)

名前の由来はカリフォルニアワイン王の長澤鼎から取ったようです。

20160326192149

長澤鼎と言えば、13歳で外国に単独で渡り生涯外国でワインに携わって生きた人。

本名は、礒永彦輔
長澤鼎は偽名でした。

命名の由来を知ると歴女である杏さんらしいと思えますが。

ちょっと子供の頃、鼎と書くのは大変ですね。

みんな読めないのではないでしょうか。

双子ならもう一人の名前ははどうするのでしょうね。
やはり、歴史上の人物から取るのでしょうか?

ちょっと、興味がありますね。

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。(koba)


スポンサードリンク

コメントを残す