スポンサードリンク

旧皇族の竹田恒泰氏がオリンピック批判で2chでも話題に!!「負けたのにヘラヘラ楽しかったはありえない」


20140216114950

今、竹田恒泰氏のオリンピック選手への注文が賛否両論を呼んでいます。

スポンサードリンク

この方、以前から在日特権問題などお騒がせの人ですね。

「頭がおかしい自称皇族」などと言われたりしています。

今回のソチ五輪で竹田氏は選手達に注文をつけていました。

フィギィアスケートの羽生選手などは金メダルを獲得しましたが、竹田氏はツイッターで「メダル獲得の可能性がある日本選手」対象に2点課題を出しています。

1.メダルを噛む行為を禁止する(品位がないしメダルを屈辱することになる)
2.国歌が流れてきたら「聴くのではなく直立不動で歌うこと」

なおかつ竹田氏は「予選落ちして楽しかった」と語る選手を問題視して、「負けたのだからそんなコメントはありえない」とまで言っている。

なんか昔の軍隊を思い出すようなコメントですね。

竹田氏は選手一人当たりにどれだけの国費が使われているかに重点を置いているようで、これだけコストがかかっているのだから、成果が出せない選手は「いい思い出などとは絶対に言うべきではない。」とのこと。

インターネットでは、竹田氏のこの意見に賛同する人もいますが、反対する人もいるわけで。

スポンサードリンク

「楽しかったと言った人が努力してないと決めつけるのはおかしい!!」「負けて申し訳ありませんと言うのは義務と圧力の交換でしかなくなってしまう。」などの声も聞かれています。

言うのは簡単ですが、竹田氏のこういう発言は結果の出ていない選手のモチベーションを下げることになると思うのです。

竹田氏は元皇族の出身のようですが、自分のしている活動が品位を下げていることに気がつくべきかもしれませんね。

華原朋美とも噂がありますが、こういう偏った思想の人が恋愛で成就するとは思えない。
トラの皮を被った狐状態ですね。

天皇家ということで周囲は竹田氏に頭を下げているだけで、彼が偉いからではないのに。
その勘違いがとても怖いです。

慶應義塾大学の講師とのことですが、誤った思想を学生に植え付けないで欲しいです。

 

⇒羽生選手の海外での反応は?!


スポンサードリンク

コメントを残す