スポンサードリンク

工藤阿須加の母(画像)はどんな女性?西武ドームでの始球式のYouTube動画が話題に?!


20140526105617

工藤阿須加さんは、「ルーズヴェルトゲーム」に野球部員として出演されていますが、今や工藤公康さんの息子さんという枠を乗り越えて独り歩きする程、注目されています。

とても気になるので調べてみました。

スポンサードリンク

《母》

工藤阿須加(22)さんのお父さんは元プロ野球選手の工藤公康さんですが、お母さんがどんな方かご存知でしょうか?

この方が阿須加さんのお母さんです。
20140526103340

元水戸ミス小梅だったそうです。

写真を見られてどう思われるかは、あなたにお任せします。

 

お母さんは雅子さんという名前です。

公康さんが現役の野球選手時代に日頃の生活の悪さが祟り肝機能を患うなどの大病をしたこともありましが、そんな公康さんを雅子さんが支えて公康さんの体調が回復する足がかりを作っていたようです。

雅子さんの献身的な部分に公康さんも心を奪われたのではないでしょうか。

野球選手の奥さんは、年上が多いんですよ。

雅子さんは、4歳年下ですが。

やはり、癒すより癒されたいのかもしれません。

あまり年下妻だと遠征も多いですし、メンタル面的にも務まらないかも。

 

1990年に工藤公康さんと結婚されて、阿須加さんと遥加さんをもうけています。

お子さんは5人いらっしゃいますが、2男3女なので他のお子さん達はどうされているのでしょうね。

普通に生活されているのでしょうか。

子供って兄弟がいると影響を受けやすいものなんですが、他のお子さん達もスポーツはされているかもしれませんね。

 

《西武ドームでの始球式》

⇒西武ドームでの始球式の動画

工藤阿須加さんは、5/24に西武ドームで始球式を行いました。

西武の背番号47番のユニフォームに身を包み岸谷選手のミットに向けて投球を行い、時速114キロを記録しました。

お父さんがプロ野球選手だったこともあり、同じマウンドに立てて嬉しい反面、緊張感もひとしおだったのではないでしょうか。

見守る人達もいつもと違った目で阿須加さんが投球するシーンに注目していたのでは。

現在、阿須加さんは、「ルーズヴェルトゲーム」でピッチャーの役を演じており、その役を演じるために未経験だった野球を練習しています。

勿論、お父さんである工藤公康さんに指導を仰いでいますが、投げ方がお父さんに似ていると評判になっています。

始球式には「ルーズヴェルトゲーム」で一緒に活躍している青島製作所の野球チームのメンバーも守備のポジションにつき、場を盛り上げていました。

 

元々、プロテニス選手を目指していただけあり、運動神経はよいのですね。

ずっと野球に触れていなくて短期間、練習しただけであれだけの投球ができるのは肩がいいんでしょう。

 

お父さんの公康さんも若い時は、なかなかでしたが阿須加さんもイケメンですね。

噂では、「ルーズヴェルトゲーム」の主役を食っているとも言われています。

確かに毎回、阿須加さんは登場していますが、一番、目立っていますね。

登場シーンがとても多いわけではないのですが、存在がとてもあります。

お父さんが元野球選手という事もあって、「ルーズヴェルトゲーム」に出演することで阿須加さんはかなり好感度を上げたように思います。

演じる事になった役柄が阿須加さんのイメージにピッタリだったというのも大きいと思いますね。

もし、お父さんと同じように野球選手になっていたら、相当、活躍したのではないでしょうか。

そう思うとちょっと惜しい気がしますね。

 

 《kobaの独り言》

野球中継は家族が野球が好きなので観ますが、個人的には野球そのものには興味がないので、イケメンを見るのが楽しみになっています。

 

中日の浅尾選手も、もう一軍には戻って来れなそうですし。

 

私の楽しみが半減してしまっています。

スポンサードリンク

付き合いで見始めた野球ですが、段々、ルールがわかるようになってくると、それなりに観るのが苦痛ではなくなってきました。

 

以前は、球場のビールに吊られて観戦に行くレベルでしたから。

 

しかし、野球場のビール、もう少し安くなりませんかね。

⇒工藤阿須加が「ルーズヴェルトゲーム」でブレイク寸前?!

《インターネットの感想》

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す