スポンサードリンク

小栗旬が桃太郎役でCMに初挑戦!!


20140306112235

小栗旬さんがペプシコーラのCMに桃太郎役で登場します。

どういう内容なのか調べてみました。

スポンサードリンク

桃太郎役

この桃太郎の役は小栗さんが台本を読んで興奮した内容だったそうで、完成作品を見てもスケールが大きくて素晴らしいCMに仕上がったと小栗さんは感想を述べています。

昔の桃太郎という感じではなくて、パイレーツオブカリビアンを連想させるような作風で現代風な仕上がり。

桃太郎そのものを実写とあまり結びつけて考えていない自分がいるんですが、実写だったらこうなんだ!と感じさせるCMですね。

ただ、桃太郎とペプシコーラが結びつかないのが難ですね。

今回は、「桃太郎Episode.ZERO篇」ですが反響がよければ次回作も当然、製作されるのでしょうね。

小栗さんが今回のCMに起用された理由は、今まで様々な役柄に挑戦してきた俳優として常にチャレンジ精神を忘れない姿がCMのコンセプトにピッタリだったようです。

CMのバックに流れている曲は「THE HEAVY – Same ol’」です。

CMの見どころですが、砂漠と岩山の広がる大地を舞台に桃太郎役の小栗がお伴のイヌ、サル、キジと共に馬で失踪するシーンですが、かなり過酷な撮影だったようです。(かなり寒かったようですね。)

「自分よりも強いヤツを倒せ!!」というコピーには、男子ならみな持っている気持ちで自分自身も常に進化していくことを意識していると小栗さんは語っています。

しかし、CMも最近、変わってきましたね。

このCM、相当製作費もかかっているのがわかります。

ペプシコーラがそれだけ売れて儲かっている証拠でしょうね。

前作のCMもかなり製作費をかけているような内容でしたし。

桃太郎という発想はどこからやって来たんでしょうね。

日本の代表する昔話だからでしょうか。

商品を部屋や外で俳優や女優がアピールするCMは新鮮味もなく見飽きている感はありますが、そういうCMだと商品のアピールにはつながります。

この小栗さん主演の桃太郎は、作品的には素晴らし出来栄えですが、作品にばかり目がいきペプシコーラにはあまり意識がいかない面がありますね。

製作者がどういう意図で作品を作ったのか、ちょっと気になってしまいました。

スポンサードリンク

しかもペプシコーラの新商品であるペプシネックスゼロが今回のCMの商品ですが、植物由来甘味料「ステビア」を使用することで新商品として発売になっています。

新商品がすっきりしていて飲みやすくなっているとかパッケージがオシャレになっているとか、そういう部分がこのCMを見ただけの視聴者に伝わるといいですけど。

小栗さんという旬の俳優を起用して桃太郎という斬新なキャラクター設定でのCMのインパクトはいいと思います。(koba)

 

インターネットの感想

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す