スポンサードリンク

小栗旬が「ボーダー」で主演!!出演者や主題歌などは?!


20140410074446

 

小栗旬さんが、ミステリアスな役柄に挑戦しますね。

とても気になる作品なので調べてみました!!

スポンサードリンク

《BORDER&ボーダー》

今、旬の俳優 小栗旬さんが直木賞作家 金城一紀さんが原案と脚本を手掛けたオリジナル作品「BORDER」に主演します。

(テレビ朝日系4/10PM21:00~)

 

この作品は主人公石川役には小栗さんをイメージして作られており、ドラマの他にコミックと小説でそれぞれ違う視点から石川を描く「BORDER」プロジェクトも同時進行中です。

 

主人公の小栗さんは、過去の銃撃事件で頭部に銃弾を受け殉死しますが、奇跡的に蘇生。

頭の銃弾を取り除くには時間がかかることから、そのまま頭に銃弾を抱えたまま刑事に復帰しますが、この事件がきっかけで死者の声が聞こえるようになります。

(動画)

「BORDERプロジェクト公式PV予告編」

「BORDER最新予告編ロングバージョン初公開!!」

 

1作目では小栗さんが刑事としてどう生きているかと頭に銃弾を受けて蘇生しその後、殺人事件に遭遇して殺人現場で亡くなったはずの少年の声が聞こえるプロローグから始まります。

 

韓国でも「ヴァンパイア検事」という吸血鬼になった主人公が死者の血を飲むことで死者がどうして死んだのかを知ることができる作品がありましたが、それと設定がなんとなく似ていますね。

 

あの作品もとても面白く人気が出た作品でしたので、「BORDER」にも期待しています。

小栗さんの刑事役はとても新鮮です。

最近はペプシコーラの「桃太郎のCM」など新しいことにチャレンジし続けている小栗さん、「BORDER」で小栗さんの新たな一面が見られることを期待しています。

 

《出演者》

小栗さんの他に主要な出演者を調べてみました。

 

立花雄馬(青木崇高)

警視庁捜査一課第二強行犯捜査 殺人犯捜査第4係第一班所属

警察官一家に生まれて警察官の職業に必要以上のこだわりとプライドを持っている。

人一倍正義感が強く、硬派。

警察官としての自分に強いコンプレックスを持っている。

石川に凄いライバル心を持っている。

 

比嘉ミカ(波瑠)

警視庁刑事部 特別検視官。

内科医を目指していたが、大学在学中に著名な法医学教授と出会い法医学に興味を持つ。

助手として数々の解剖を手掛け優れた観察力と勘の鋭さで、いくつもの難事件を解決。

その後、教授の退官をきっかけに警察庁内の準キャリアとして入庁。

特別検死官という役職に就く。

鑑識技術&認知科学を併用した捜査を得意とするが化学以外の未知の世界にも理解を示している。

 

市倉卓司(遠藤憲一)

警視庁捜査一課第二強行犯捜査 殺人犯捜査第4係第一班所属 班長

石川の直属の上司である。

刑事としての石川の能力を評価している。

石川の独断的な捜査に口をはさまずに自分は地道に捜査をするタイプ。

嘘を見抜き、善と悪を合わせ呑む器の持ち主で裏の情報屋の人脈を持っている。

 

古田新太

謎の情報屋。

人間不信だが、石川には非合法な依頼にも力を貸している。

紆余曲折あり表の世界から裏世界の情報の元締め的存在になる。

 

滝藤賢一

裏世界の便利屋で高校卒業後、数々の職業を経験し探偵に。

それがきっかけになり裏社会を熟知するようになる。

非合法な技術を駆使して製作した高性能盗聴器が評判になり、非公式に刑事からも依頼を受けるようになる。

 

ハッカーサイモン(浜野謙太)&ハッカーガーファンクル(野間口徹)

コンビで天才ハッカー。

スポンサードリンク

2人でハッキングによる裏稼業を営んでいる。

 

《主題歌》

「BORDER」の主題歌(オープニングテーマ曲)は、5人組バンドのMAN WITH A MISSION 「evils fall」です。

 

3/12に発表された「Tales of Purefly」に収録された曲です。

結構、過激でヘビーで攻撃的な楽曲です。

毎回、聴いていたらはまりそう…

 

《kobaの独り言》

死後の世界はあると化学的に立証されていますが、人間の脳の未領域部分の可能性ってどれくらいのものなのか興味ありませんか?

 

まだ現在、人間はちょっとの領域しか使用できていない。

いずれ、その部分も解明されるときが来るのでしょうかね。

 

昔、SFで鉄のオカマを被り電気を流す映像がありましたが、やはり脳に電気などでショックを与えるのかしら。

 

小栗さんの刑事役、楽しみです。

 

視聴率いいとよいですね!!

 

⇒小栗旬と黒木メイサが密会?!
⇒小栗旬が桃太郎役でCM?!

 

《インターネットの感想》

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す