スポンサードリンク

大雪に注意!!東京も10年に一度の大雪でダイヤが乱れまくり~


 20140214120520

今日は、バレンタインですがホワイトバレンタインになりそうなお天気ですね。

スポンサードリンク

《気象庁の発表》
気象庁では東日本と西日本が15日にかけて東北は15日から16日にかけて広範囲で雪で平野部でも大雪になる恐れがあると警戒通報しています。

交通機関の乱れや路面凍結に注意が必要とのことです。

14日朝は名古屋市、奈良市、徳島市、高松市などで2センチの雪が確認されています。

全日空では一部の便が欠航、東海道新幹線や山陽新幹線は区間により速度を落としての運転が実施されています。

九州電力のお知らせでは、雪の影響で電線が断線し大分、宮崎などは1万世帯以上が停電しました。

今後は、先週末同様で15日に向かい東日本の太平洋側へ進行し16日は日本の東北東に進行する予定。

15日朝までの24時間予想降雪の量は、関東甲信と東海が50センチ、近畿25センチ、東北の太平洋側と四国で20センチで、東北の太平洋側はさらに増える見込みです。

《関東や都心部などは?》
関東は、最大で1.7m降るという予報があり前回よりもかなりの積雪が予想されています。

特に南岸低気圧が急発進して動きが遅いために15日夜までの降雪予想は日光103センチ、青梅61センチ、雨か雪かで積雪量が変わってくるので要注意です。

東京では、5センチ雪が降ったら大雪になりパニック状態になります。

先週の大雪では歩行者の転倒などの事故や車のスリップ事故などがあり、埼玉、長野、石川で計5人が死亡しており、関東中心でけが人は628人と報告されています。

スポンサードリンク

今回は、14日夜から15日にかけて雪の量が増えるとの予想です。

15日は、仕事が休みの方も多いとは思いますが、マメなニュース速報のチェックが必要になりそうですね。

先週と同様で雪の降る時間が長くなりそうです。

しかも湿った重たい雪になるとか…。

関東は東北などと違い雪対策が万全でないですから、事故や怪我に巻き込まれないように厳重注意が必要ですね。


スポンサードリンク

コメントを残す