スポンサードリンク

唐沢寿明の新ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」いつから?再び半沢直樹スタッフが総動員!!


20140421185530

 

唐沢寿明(50)さん主演の「ルーズヴェルト・ゲーム」が近々、連続ドラマとして放送されます。

「半沢直樹」と同じスタッフが参加するということで早くも話題が集まっています。

スポンサードリンク

《ルーズヴェルト・ゲーム》

「ルーズヴェルト・ゲーム」ですが、4月27日(日)TBSテレビで(PM9:00~)放送されます。

あの大ヒット作品である「半沢直樹」の原作者 池井戸潤さんの小説を今回もドラマ化します。

「半沢直樹」は、最終回は視聴率が42.2%と高視聴率でした。

今回もまったく同じ曜日の同じ時間に放送されるだけに、どこまで視聴率をのばせるか注目されています。

 

主演の唐沢さんもヤル気満々で「半沢直樹」を越える作品にしたいと語っています。

 

「半沢直樹」のときに浅野支店長役をされた石丸幹二(48)さんも原作者池井戸さんの作品「演じる側も観る側も目が離せない魅力がある。」を絶賛。

 

唐沢さんは、カメラワークが特殊なことにも触れています。

 

「カメラが目の前にあるので視点をどこ合わせていいか困る。」とか。

そのほうが、迫力がでるのでしょうか。

通常は、カメラ目線曰く俳優の目線にカメラのポイントを合わせることが多いと思うので。

 

今回の「ルーズヴェルト・ゲーム」では、唐沢さんが演じる青島製作所の社長が倒産寸前の』会社を守るために大逆転を狙う物語。

 

逆転につぐ逆転の物語!!

 

唐沢さん演じる細川社長は青島製作所を守り抜くことができるのでしょうか?!

 

今回は、唐沢さんの数少ない理解者にTBS連続ドラマの初出演の檀れいさんが秘書役として登場します。

野球部の部長であり総務部長に石丸幹二さん、ライバル会社のイツワ電器の社長に立川談春さん。他にも唐沢さんと10年ぶりの共演になる江口洋介さんなどが脇を固めます。

 

出演者も豪華ですね。

 

《第一話》

もう第一話は、完成しており唐沢さんも視聴したそうです。

「よくできている。」と御満悦の様子。

 

初回は、25分延長して放送されます。

 

第一話から既に緊迫したムードで展開していくようです。

 

社長細川(唐沢)が青島製作所で社長就任直後に景気の悪化が訪れて青島製作所もその影響を受けていた。

 

重要な取引先から10億円以上の値下げを要求され、その条件を呑まなければライバル社に乗り換えるという条件を突きつけられてしまいます。

 

細川はコスト削減のために年間3億円維持費がかかっている青島製作所の野球部を廃部にする提案をして一部の役員からは指示を得るが、青島製作所の創業者で現在、会長に就任している青島毅(山崎努)に経営者としてのイズムを問われ…

 

 

初回から、緊張感一杯ですね。

 

目が離せなくなるかもしれません。

スポンサードリンク

飛び交う金額が金額なのでピンときませんが。

 

この作品を見て金融経済に少しは明るくなりたいと思っています。

 

 

《kobaの独り言》

 

実は、この「ルーズヴェルト・ゲーム」の制作が原因で「半沢直樹」の続編が無くなったようですね。

 

⇒堺雅人が「ルーズヴェルト・ゲーム」に激怒?!

テレビ局サイドと堺さんサイドと決裂してしまったという話も耳にしています。

 

《インターネットの感想》

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す