スポンサードリンク

和田アキ子が血液検査で認知症予備軍?オーストラリアの別荘って?


20151110163432
和田アキ子さん、血液検査で認知症予備軍と医師から指摘されていました。
お酒は相変わらず飲んでいるのでしょうか。
指摘された点から見ても生活習慣に問題がありそうですが。

スポンサードリンク


★認知症予備軍

和田アキ子さん、過去に声帯ポリープ、子宮頸がん、椎間板ヘルニアなど疾患を経験しています。

今回は、某番組で認知症検査を受けたところ、血液検査で軽度認知症予備軍と判定されました。

結果は、Dに近いC。

検査結果はAからDの4段階。

Cは下から2番目で、予防しなくてはいけないレベルだそうです。

やはり、かなり多量飲酒をしているようですね。

医師に1日ビール500mlにするように言われても、「ビールの中瓶は飲んだことがなく、ボトルキープはしたことがない。」と話していましたから。

アルコールを連日、多量飲酒していると脳疾患になりやすいそうです。

怖いですね。

注意をしたいところです。

認知症は一度、発症してしまうと取り除くことは不可能だとか。

最近は、血液検査で認知症が分かるなんて凄いですね。

ガンも現在、血液検査の実用化まで来ていますけど。

いずれは、採血だけで健康状態をチェックでいる日が来ることでしょう。

今回、和田さんが行った血液検査ですが、「MCIスクリーニング検査」と呼ばれています。

この検査では、軽度認知障害の兆候を早期発見できる検査です。

1度の検査で済みます。

認知症は、2025年には5人に1人、約700万人に増加すると言われています。

認知症と軽度認知障害の違いは、軽度認知障害は健常者と認知症の中間の状態という点です。

そのまま放置しておくと5年後には半数以上の人が認知症になってしまうそうです。


まさに軽度認知障害は認知症予備軍と言えるでしょう。

軽度認知障害の段階で適切な治療を行うことで認知症の発症を予防したり遅らせることができるそうです。

⇒MCIスクリーニング検査 


★オーストラリア

和田さんは、1997年に日豪親善オパール・クィーンに選ばれています。
2006年にはゴールドコーストの親善大使に任命。

何かとオーストラリアと縁があるようです。

長い付き合いの友人がゴールコーストに在住しており、遊びに行ったらとても良い場所で別荘を購入したとか。

20151110171027

別荘は、売却してしまったそうですが、オーストラリアには定期的に訪れているようです。

海が好きなのでキャプテン・クック船が座礁した場所の海で近くのフライドチキン店でフライドチキンを買い食べながら海を眺めるのがリフレッシュになるようです。

20151110171141

他にもゴルフ、コンラッドでのギャンブルなどをして自由時間を満喫しているようです。

しかし、そんなにオーストラリアが好きなのにゴールドコーストしか行ったことがないようです。

明石さんまさんもゴールドコーストに別荘を持っているようですね。

ゴールドコーストは人気があるようです。

リゾートホテルやマンションが、たくさんあるとか。

しかし、購入するとなると値段は破格です。

ちなみにホテルの部屋1室の金額が約1億…。
戸建ては、リフォーム前の老朽化物件で約6000万円くらい。

そして、ペットボトルの水が300円。
物価も高いようですね。

日本人は、有名人が多いようです。

芸能人の方も、日本を離れると案外と気さくに対応してくれるかもしれませんね。

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。(koba)


スポンサードリンク

コメントを残す