スポンサードリンク

入江甚儀はアゴが尖っているけど韓国人?「キカイダーREBOOT」でブレイク寸前?!


 20140506121006

 

入江甚儀さんが映画「キカイダーREBOOT」に主役のジロー役で登場してます。

 

6/4発売の写真集「0~ゼロ~」では、無駄のない鍛えあげられた肉体を余すことなく公開しいてます。

 

気になるので調べてみました。

スポンサードリンク

《プロフィール》

入江甚儀(20)

1993/5/18なので今月、バースデーですね。

出身地は東京で所属は研音。

 

183㎝、68㎏。(かなり筋肉質なのにスリムですね。)

 

趣味は音楽鑑賞と絵を描くこと。

特技はバスケ、コマ、けん玉、空手。

 

堀越高校卒業。

 

入江さんが芸能界に入るきっかけは中学2年生のときの研音グループのオーディション応募でした。

同世代で芸能界で活躍する神木隆之介さんや志田未来さんを見て芸能界入りを決意したそうです。

研音のオーディションに見事、合格して2008年1月に事務所に所属。

それからすぐに「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」(フジテレビ系)のレギュラー出演が決定。

実年齢より4歳年上の18歳の浪人生、林孝太役でデビューでした。

連続ドラマは、「金魚倶楽部」(NHK総合テレビジョン)が初主演です。

 

入江さんは、研音グループの「肉体改造部」のメンバーである。

 

「肉体改造部」とは、日々のトレーニングに加えて禁欲的な生活を送ることで俳優として自由に躍動できる身体づくりを目指すチームです。

入江さんは183㎝と長身ですが、もっと身体を鍛錬して魅せるアクションプラス怪我をしない身体を手に入れることが目標のようです。

 

《キカイダーREBOOT》

あの漫画家の石ノ森章太郎さん原作の「キカイダー」が「キカイダーREBOOT」でよみがえります。

入江さんは、「キカイダーREBOOT」(5/24映画公開)で主演を演じています。

 

この作品で初めてアクションを披露しています。

 

入江さんの役どころは、半身機械で半身人間という人造人間、ジローという影のあるヒーロを演じていますが、アンドロイド役でのアクションには苦戦しながらも果敢にチャレンジしています。

20140506124507

作中では、機械と人間との間を揺れ動く複雑な心情なども演じています。

 

予告編でもでてきますが、ジロー(入江)とマリ(高橋メアリージュン)の本格派アクションシーンが注目されています。

 

「キカイダーREBOOT」予告編

 

《韓国人?》

ここだけの話になりますが、入江さんはアゴが韓国人のようだという噂が流れていたのか、「韓国人」と「アゴ」という検索で調べている方いらっしゃいます。

 

韓国で整形がスタンダードなのはご存知ですね。

 

一例として写真を掲載しました。

このようにアゴを韓国では整形する人が多いんですよ。

2014050614224920140506142303

 

「アゴタワーモニュメント」とという韓国人のアゴの骨で作られたモニュメントがある位です。

 

これは、ある韓国の美容整形クリニックの患者のアゴの骨のモニュメントです。

20140506142425

 

本来、韓国人の輪郭はホームベースのようなエラ張りです。

その輪郭が美しくないと思う人がたくさんいて、整形を施す人がいるとのことです。

 

 

入江さんは日本人だと思われるので元々、アゴはスッキリしていたと思います。

ただ、ちょっとアゴのラインが独特ですね。
よくみると。

スポンサードリンク

入江さんが、韓国のJYJ 元東方神起と似ているという話もあり、それで韓国で検索が多かったのかもしれませんね。

20140506143135

 

個人的には、似ていないと思いますが。

 

《kobaの独り言》

 

入江さんの人気度は、未知数です。

 

ブレイクする前に、知ることができて得した気分です。

 

これからはアクションなども、もっと披露して欲しいですね。

⇒豊川悦司は在日?!

 

《インターネットの感想》

 

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す