スポンサードリンク

元宝ジェンヌの東小雪(画像あり)のその後の妊活は?


20150525162011
何回か同性愛者としてテレビに出演している東小雪さん。

結婚後は、伴侶の増原さんと共に妊活に励むと話していましたが、その後は、どうなったのでしょうか。

スポンサードリンク

★妊活

東さん達が結婚式を挙げたのは、自分達のような人間がいるということをもっと認識して貰い、同性婚が認められるようになればという主旨でした。

昨年、東さん夫妻がテレビ出演したときは、ゲストの認識も変わり同性愛者に対する見方が変わった応援したいとコメントされていました。

身体の性と心が一致しない人の割合は、13人に1人とかなり高い割合を占めています。
レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字を取りLGBTと呼ばれています。

今年の3月に渋谷区で「同性パートナーシップ条例」が承認されて、マイノリティ(性的少数者)に対する認識が変わりつつあります。

この条例は、日本で初の同性愛者同士の二人に結婚相当する権利を与える条例です。

しかし、まだまだ、反対する声が多いのも事実です。

ただ渋谷区が同性愛者の人達に日本で初めて理解を示してくれたという部分もあってか東さん達は、この条例ができてから渋谷区に転居しています。

家を借りるときも結婚式を挙げた二人ですが、賃貸契約書の書類の記入で妻と妻では不動産屋さんの審査が通らないからと妻と友人に直されたり、いろいろ同性愛者ということで普通のことがスムーズにいかない現実と遭遇する毎日が続いているようです。

東さん達は、2人で子供を授かりたいと話していましたが。

これも、同性愛者ならではの発想です。

以前、番組では基礎体温をつけてデータを基に人工受精で妊娠を考えていたようです。

同性愛者では、病院での人工受精も受けられないとか。

ならばどうするのか?

スポイトで友達のゲイから貰った精子を妊娠可能日に体内に挿入するという方法。

この方法で実際に妊娠している女性の同性愛者が沢山いるそうです。

ただ、衛生面やその方法で健康な赤ちゃんが生まれるのか心配な部分はありますが。

日本では、妊娠さえすれば同性愛者でも、ちゃんと病院が対応してくれるそうです。

しかし、精子を提供して貰うにも相手の男性もゲイの場合は、カミングアウトの問題などもありなかなか難しい現状があるようです。

 

東さんの伴侶のひろこさんは、とても前向きな人です。

東さんが「同時に妊娠したら大変!!産休とか育休とかつわりなどもあるし…。」と不安になっている横で、ニッコリ笑顔で「大丈夫なんとかなるよ♪」と超スーパーポジティブ。

東さんが心配症なので、バランスがとれているといえるかも。

二人で不安でオドオドしていたら前に進めませんから。

二人の周囲のゲイカップルやレズビアンカップルも二人の妊娠を応援しているようです。

同じLGBTの仲間である友達と子供のことをとことん話し合いじっくりと伝え合ったようです。

レズビアンであり母である先輩にも「名付け親になるから!!」と話しかけて貰ったり、気づけば自分達を応援してくれる人が大勢いることに気づけて感動したみたいです。

周囲の後押しもあり、二人で妊活に励むことになりました。

現在は、基礎体温をつけてデータを取り、栄養バランスにも気を配り、ストレスを溜めないように音楽とアロマでリラックス。

お酒とタバコは嗜まないので、問題ないとか。

二人が妊活を初めて感じたのは、育児関する本が異性愛用しかない点。

やはり、同性愛とは違いますから確かに参考にしづらい部分もあるでしょうね。

基本部分は同じですが。

妊娠できたら、同性愛者用の育児本を執筆したいそうです。

妊活をすることになり、東さんは、過去に摂食障害だったことなどもありましたが、自分の身体を大切にするということを改めて再認識したとか。

妊娠するのは、規則的な生活と身体の健康面を管理することが必要になってきます。

妊娠できるかは、まだ分からないけれど、もしも子供を授かったら、どんな子供でも二人で育てようと決めているそうです。

スポンサードリンク

そして、授からなくても二人で人生を生きていこうと。

日本でも同性愛者のカップルで養子を迎えることができる時代が来るといいですね。

東さんとひろこさんが、本当にいつも素敵な表情なので幸せなんだろうな~と思います。

20150525170239
又、お二人は5/25の「私の何がイケないの?」に出演されます。

⇒私の何がイケないの?2時間SP~レズビアン・同性婚編

⇒東小雪が「なかったことにしたくない内容」(ネタバレ)とは?!実の父親の現在や風呂場でのこと…

★インターネットの感想

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。(koba)


スポンサードリンク

コメントを残す