スポンサードリンク

今井正人の東京マラソン順位は果たしてどうなるのか?


20160227180643

 

いよいよ、東京マラソンは明日に迫りました。
今井正人さんは活躍できるでしょうか。

その活躍が気になるところです。

スポンサードリンク

★今井さんの略歴

今井正人
1984年4月2日生まれ
福島県小高町出身
169㎝
55㎏

順天堂大学スポーツ健康科学部卒業
現在は、トヨタ自動車九州所属。

小中学生時代から駅伝の経験あり。
中学時代に都道府県対抗男子駅伝の福島県代表として活躍。
区間3位の実績を残す。
高校時代から本格的に陸上を始める。
高校1年生で新人5000mで優勝。
高校2年生では、都道府県対抗駅伝で5区、新記録を達成。
高校3年生では5000mでインターハイ5位。
大学時代は、箱根駅伝で活躍する。

トヨタ自動車九州では、2007年にハーフマラソンで優勝。
その後、陸上部主将として活躍。

 

今井さんは、駅伝や距離が短い大会では成績を残していますが長距離のマラソンになってくると途中でペースダウンしてしまっているようです。
スタミナ不足が原因なのでしょうか。


マラソンにも参戦していますが、2015年2月の世界陸上北京大会男子マラソン選考会で自己のベスト記録を更新しており、世界陸上男子マラソン日本代表として初選出されています。

この時の記録が2時間7分。(日本歴代6位)

しかし、出場権を勝ち取った今井さんでしたが、世界陸上北京大会男子マラソンには参加することは叶いませんでした。

今井さんは不運にも、北海道の夏の合宿中に髄膜炎にかかってしまうのでした。
 
 
★髄膜炎

今井さんは、髄膜炎で約2週間の療養をしなくてはいけませんでした。
残念ながら世界陸上北京大会男子マラソンの出場は辞退。

悔しかったでしょうね。

髄膜炎は髄膜にウイルス細菌などが原因で炎症を起こす症状です。
炎症部位によっては生命の危険がある怖い病気です。

今井さんも髄膜炎の初期の症状である発熱と頭痛に苦しんだようですが、症状が早期に発見されたので大事に至らずに良かったですね。

世界陸上北京大会男子マラソンの選考会で出場権を勝ち取っていただけに参加できなかったのは本当に辛かったと思います。

その分、今回の東京マラソンでの活躍が期待されていますし今井さん自身も気合が入っていることは十分に予想できます。
 
 
★東京マラソン

東京マラソンでは一般ランナーに混ざり、招待選手や有名人なども参加することで注目されている大会です。
なかなか、抽選倍率が高く一般ランナーで出場するのは狭き門です。

勿論、注目選手として注目されている一人に今井さんの名前も挙がっています。

大学時代は、箱根駅伝では山の神と呼ばれていました。

個人的には後半のスタミナ切れがどこまで克服できているのか注目したいところではあります。

女子は、リオ五輪のマラソン代表選手が誰になるのか盛り上がっていますが、男子はイマイチ盛り上がりに欠けてますね。

東京マラソンの優勝賞金は800万円です。

なんだか、微妙な金額ですね…。
 
 
★招待選手が豪華

やはり、海外の招待選手のレベルは凄いです。

日本が優勝するのは難しいのではないでしょうか。

やはり海外の男子招待選手は黒人が占めていますね。
戦歴も凄いです。

正直、日本勢は、ついていけるだけで凄いと思います。

海外招待選手(男子)
1 エマニュエル ムタイ (31) KEN 2:03:13 2011 ロンドン 優勝
2 ディクソン チュンバ (29) KEN 2:04:32 2014 東京 優勝
3 フェイサ リレサ (26) ETH 2:04:52 2011 世界陸上 3位
4 アベル キルイ (33) KEN 2:05:04 2012 ロンドン五輪 2位
5 エリウド キプタヌイ (26) KEN 2:05:21 2011 世界陸上 5位
6 バーナード キピエゴ (29) KEN 2:06:19 2013 東京 3位
7 スティーブン キプロティチ (27) UGA 2:06:33 2012 ロンドン五輪 優勝
8 サムエル ドゥング (27) KEN 2:07:04 2015 シカゴ 3位
9 ハビエル ゲラ (32) ESP 2:09:33 2015 世界陸上 13位
10 テクレマリアム メディン (26) ERI 1:01:47 2014 リスボンハーフ 4位

海外招待選手(女子)
31 エドナ キプラガト (36) KEN 2:19:50 2014 ロンドン 優勝
32 アベル ケベデ (29) ETH 2:20:30 2013 東京 優勝
33 シュレ デミセ (20) ETH 2:20:59 2015 ドバイ 4位
34 ベルハネ ディババ (22) ETH 2:22:30 2015 東京 優勝
35 アマネ ゴベナ (33) ETH 2:23:29 2015 パリ 2位
36 アシェテ ディド (27) ETH 2:23:43 2014 名古屋 9位
37 ヘラー キプロプ (30) KEN 2:24:03 2015 東京 2位
38 マヤ ノイエンシュワンダー (36) SUI 2:26:49 2015 ベルリン 6位
39 イザベラ アンデション (35) SWE 2:23:41 2012 ロンドン 14位

国内招待選手(男子)
21 今井 正人 (31) トヨタ自動車九州2:07:39 2015 東京 7位
22 藤原 新 (34) ミキハウス 2:07:48 2012 東京 2位
23 松村 康平 (29) MHPS長崎 2:08:09 2014 東京 8位
24 佐野 広明 (28) Honda 2:09:12 2015 東京 9位
25 五ヶ谷 宏司 (28) JR東日本 2:09:21 2015 東京11位
26 出岐 雄大 (25) 中国電力 2:10:02 2015 東京13位
27 宇賀地 強 (28) コニカミノルタ 2:10:50 2014 福岡国際 9位
28 山本 浩之 (29) コニカミノルタ 2:11:48 2015 別府大分 3位
29 村山 謙太 (23) 旭化成 1:00:50 2014 香川丸亀ハーフ2位

 
 
★ネットでは…

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。(koba)


スポンサードリンク

コメントを残す